美大受験記

実体験を元に美大受験生をサポート

なぜ私は美術大学に落ちたのか?徹底考察!!

こんにちは、おはるです。

 

早速今回は、前回の記事で少し触れました、“なぜ私は美術大学に落ちたのか” を、徹底考察していこうとおもいます。

 

これを読んでいる現役生には反面教師としてもらえたら嬉しいです。

浪人生には、自己分析の重要性に気づいてもらえたら幸いです。

 

ではいきましょう!

 

1、学校と予備校の両立をしようとしてしまった 

 両立させなきゃダメなんじゃないの!?と驚きましたか?笑

 

それもそうでしょう。

学校の教師達には文武両道や部活と勉強の両立をしろと言われ続けてきたでしょうからね…

普通科の自称進学校に通っていたので、美術系高校はどうなのかはわからないです)

 

 

しかしなぜ両立させなければならないのでしょうか?

 

特に学校と予備校の両立なんて無理してすることでしょうか?

 

私は教師達に言われるがままに無理して両立させようとして、高校を楽しむこともなく、合格するわけでもなく、結局どちらも中途半端に終わってしまいました。

 

教師の言う通りにしていれば良いんだと思考停止していたのが良くなかったのです。

しっかり自分でよく考えて動いていればよかったと後悔しています。

 

つまり、

 

両立なんて無理してするな。合格するために自分で考えて行動してほしい。

 

ということです。

 

2、学科試験を甘くみていた

 予備校講師にも「学科試験をあまくみるな!」「学科は重要だぞ!」と良く言われると思います。私立美大は特にそうです。

 

それを聞いて「わかってるよ〜」と軽く流していませんか?

私が現役生の時はそうでした笑

しかし、今ならわかる。。

 

学科試験は本ッッッ当に大切!!!!!!!!!!

 

何回でも言いたい。本当に学科試験は大切。

これだけは覚えて帰ってください。

 

理由は、入試当日、実技は課題やクジ運によって50点以上点数にブレが生じますが、

学科試験は、ムサタマどちらも2回行ってくれるため、点数にほとんどブレがなく、安定して稼げるからです。 

 

それに実技を10点上げるよりも 、学科で10点上げる方が早いし確実なんです。

 

学科試験をおろそかにする人は高確率で落ちます。

甘くみちゃダメですよ。

 

3、友達とつるみすぎた

最後はこれです。

美術予備校の友達は、気があうしノリも似ているし、何より同じ目標を持っているためとても仲が良くなります。

私は今でも別の大学に行った友達数人で集まってお酒を飲んでお喋りしたりしています笑

 

しかしそれが落とし穴なのです。

 

仲が良いとどうしても近くの席に座りたくなってしまいますし、そうするとお喋りしてしまって集中できなくなってしまいます。

 

なので制作中、予備校の友達にはある程度ドライに接しましょう。

 

講師をやっていて一番思うのはこれです。特に現役生は注意!

受験は団体戦ではなく、結局最後は個人戦ですからね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

これは私の落ちた原因ですので、浪人生は自分の原因を見つけてください。

現役生は、反面教師にしてください。

 

いつか「なぜ美術大学に合格したのか?」を考察する記事をあげますのでぜひ読んで頂けると幸いです。

 

ではまた!

 

 

質問やコメント、相談、記事のリクエスト等々お待ちしております!お気軽にどうぞ!

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験体験記へ
にほんブログ村

↑よかったらクリックお願いします!

google-site-verification: googlee2f77ac9cdc64d03.html